安全な乱視カラコンワンデー~1年の激安通販口コミランキング

使ってみてよかったおすすめの乱視カラコン通販店ランキング!
ここで紹介する乱視カラコン通販は、安全に購入でき、Twitterやfacebook、ブログなどの口コミで評判がよく、万が一の時のサポートも充実している通販です。

 

 MSコンタクト
MSコンタクト
人気ブランド「ヴィーナスアイズ」の乱視カラコン(トーリック)が買えるのはMSコンタクトだけ!
MSコンタクトは、国内のヴィーナスアイズ通販007速配コンタクトの姉妹ショップ。
日本の企業が企画して、海外の工場で作ったものを日本向けに販売しているから安心して購入できます。
しかも、MSコンタクトはヴィーナスアイズの種類が豊富!
乱視カラコン「ヴィーナスアイズトーリック」もナチュラルなサークルデザインや、その他にもたくさんのデザインやカラーがあります。

MSコンタクト

 MSコンタクト ヴィーナスアイズトーリック特典情報

 

 バンビーナ(Bambina)
バンビーナ カラコン
バンビーナのカラコンは本当に種類が豊富で、乱視用でも様々なデザインから選ぶことができます。乱視の度数などだけでなく、ベースカーブを選べるモデルもあり、より快適に使用できるカラコンに巡り会える可能性もあります。

バンビーナは高度管理医療機器等許可証も取得済み、どちらのサイトの商品も、韓国の安全基準をはじめ、ISOなどの国際基準に従って作られた安全設計の商品です。なので、日本製のカラコンとなんら変わりない品質になっています。

バンビーナは送料無料です。

 

 ジーニー(Geeenie)
ジーニー カラコン
多くの乱視カラコンがそろっているジーニー(Geeenie)。
日本向けのカラコン通販で、商品は直接韓国から届くことになります。

輸入する際の事情により、1回で注文できる量には限りがあります。
ジーニーは全国一律850円の送料がかかります。
サイドバーに乱視カラコン一覧表示できるアイコンがあるので、すぐに目当ての商品を見つけられるでしょう。

乱視カラコンランキングについて

度ありレンズで可愛いデザインのカラコンを探すのにはいつも苦労しますが、乱視用となると余計に難しくなります。
しかし、乱視だとカラコンは楽しめないと落胆している方も諦めないで下さい!
乱視カラコンが充実した通販サイトはたくさんあります。

とはいえ、乱視カラコンはオーダーメイドなので、時間が掛かるし、安全面が心配な方も多いと思います。
そこで、今回は口コミ件数が多く、安全に購入できる乱視カラコン通販をご紹介しました。

乱視カラコンに日本製はない?

乱視カラコンは生産量が少ないため、ほとんどの通販が海外から取り寄せになります。
そのため、海外から直送(個人輸入代行)にて購入することになります。
海外からの直送だと安全面で不安に思う方も多いと思います。

当サイトのランキングでご紹介している乱視カラコンは、口コミ件数が多く評判の高いカラコンです。
自分の瞳に合った安全な乱視カラコンをお探しの際はぜひチェックしておきましょう!

乱視カラコンの安全性について(海外製/韓国製)

ギャルファッションから一転、今では普通の女性もアイメイクの一環としてカラコンを使うようになりました。

カラコンの需要が伸びる中で特に不足しているのは、視力が悪い人向けのカラコンではないでしょうか。そのせいか、今でもカラコンは視力が良い人のものという考えが一般的になっているようです。

視力が悪い人の中には、視力の改善とともに、可愛いカラコンを使えるからという理由でレーシックを受ける人までいます。

度ありレンズは増えてはきましたが、それでも度数の高いレンズや、乱視用のカラコンはなかなか見られません。現在インターネット上の通販サイトや数少ない店舗で見つかる乱視カラコンは、ほとんどが韓国をはじめとする国外で生産されたものです。

カラコンはもともとデザインに幅があり、医療用のコンタクトレンズほどひとつのものを量産できません。そこに乱視とくれば、乱視の度数に軸の角度と、さらに商品の幅が増えてしまいます。そのため、乱視カラコンは受注してから生産するオーダーメイドが一般的です。

この生産体制だと、なかなか採算がとれるビジネスにはできません。日本のメーカーが乱視カラコンの生産販売に乗り気ではないのはこういった背景があります。

何事も安全性で言えば国産だと考える傾向は日本全体にあります。一時カラコンの危険性について取り沙汰されたこともあったので、韓国のカラコンというと、それだけで危ないと考えたくなる気持ちもわかります。

でも、国外で生産されたものだから危険というのはいくら何でも決めつけすぎでしょう。韓国にもカラコンの販売にかかわる基準や資格があり、国際的にも定められたものがあります。

なにより、日本にもカラコンを取り扱う際に必要な資格「高度管理医療機器等許可証」があります。これらが安全な乱視カラコンを選ぶ参考になるでしょう。

きちんとした規格に則って生産されたカラコンを、きちんと資格を持つ業者から買って、きちんと管理して使えば、国産であろうと外国産であろうと、乱視カラコンが特別危険ということはありません。

乱視用カラコン韓国製・海外製は危険か安全か?